全て自分好みの家にしたいなら国分建設がベスト

つみき

大都会で持家も夢ではない

家

今、大阪のような都会において理想の家を建てる注文住宅の建設が相次いでいます。背景としては再開発事業などにより土地の供給が増えたこと、物件の価格が低くなってきたこと、住宅ローン減税や消費税増税と言ったことが挙げられますが、何といっても大きく影響しているのが、注文住宅に関する情報が比較的入手しやすくなったことです。注文住宅は基本的には自分の思い描くイメージで家を建てることとなりますので、建築に関する様々な知識がある程度要求されます。以前はそういった知識を入手する局面がなかなか無く、注文住宅に踏み切れないケースが多々ありましたが、現在ではインターネットをはじめ、住宅展示場や完成見学会などにおいて、そういった情報を容易に入手することが出来ますので、注文住宅を積極的に取り組む人が多くなってきています。こうした動きから、今や大阪のような都会でも注文住宅に対する注目度は高くなっています。

理想の家を実現してくれる注文住宅。誰しもがより広く、より美しく、という思いはあるはずです。しかし大阪のような都会では土地の広さには限界があり、場合によっては狭小地などによって十分な建築面積が確保できない場合もあります。この場合、工夫次第で理想的な家を建てることが出来ます。まず、天井の高さを出来るだけ確保することです。天井が高いと開放感があり自然と広さを感じさせてくれます。特に1階のリビング部分を高くすると効果的です。また、吹き抜けを設けることも重要なポイントです。吹き抜けによって広さを感じさせるのみならず、太陽の光を浴びやすくなるため、明るさも確保されます。大阪のような都会においては隣家との距離があまり取れないため日差しが入りづらい傾向がありますが、吹き抜けを設けると明るく開放的な空間が生まれることとなります。狭い土地だからと言ってあきらめる必要は全くありません。こうしたちょっとした工夫で、すばらしいマイホームを建てることが出来るのが注文住宅の大きな魅力なのです。